甘辛い結衣だよ~!

結衣のブログだよ!

ブログネタ
これで健康! に参加中!
旬の菜の花と大根を使ったスープをご紹介するんや。
鶏がらスープが味のベースになっていますで、旨味もたっぷりあるんや。
大根のゆで汁もコクを深めるのに役立っていますでなも。
菜の花は緑黄色野菜で、風邪予防にもなる各種ビタミン、腸内環境を整える食物繊維やらなんやら、嬉しい栄養素がぎっしり詰まっていますでなも。
風味や栄養素を損なわへんためには火を通しすぎないことがポイントや。
『大根と菜の花のスープ』・・・材料
●大根
●菜の花
●長ネギ
●粒ゴマ
●ショウガ
●鶏がらスープの素
●塩コショウ
※分量は全てお好みで調整してくだせえ。
 ~作り方~
1.大根を輪切りにして皮をむき、芯までやわらかくなるまでゆでるんやて。菜の花は一口大に切り、サッと塩ゆでし、水気をしぼるんやて。
2.大根をゆでた汁を使い、鶏がらスープの素で味付けし、スープのベースを作るんやて。
3.スープに大根を入れ、全体を加熱するんやて。塩コショウで味を調え、おろしたショウガのしぼり汁を好みの量、加えるんやて。
4.スープ皿に大根、スープの順に入れ、菜の花をトッピングし、刻みネギ、粒ゴマを全体に散らす。
きれいな春色の食材を使って見た目を華やかにしたり、ネギやショウガの薬味をプラスすることには、食欲増進効果があるんや。
まだまだ寒い日が続きますで、優しい味のスープで体内に食材のパワーを摂り込み、健康に過ごしましょう。
◆お勧めサイトのご紹介
最後は気になってるネット情報や。
似顔絵プレゼントおすすめ
「似顔絵のsato.」さんの作品、お勧めの似顔絵プレゼント・・・・・・若手の女性アーティストや。
技法はパステルをメインに使っていますでなも。
美男・美女のお二人にさらに磨きがかかったカップルに仕上がったんやんや。

ブログネタ
★にゅーすにゅーす★★ に参加中!
nourinnsuisann

農林水産省は10月31日、自民党にコメの生産量を絞って価格を維持する生産調整(減反)に協力する農家に支払う所得補償制度の補助金を段階的に削減・廃止する案を正式に示したんや。
政府は減反の5年後の廃止を検討しており、それまでになくす案が有力。
ただ自民党内では反発もあり、政府は11月中に方針を決めるんやて。
農水省は都道府県を通じ農家ごとに生産数量目標を割り当てる減反をやめて、地域ごとにコメの需要や販売状況、在庫の積み上がり情報を提供して生産者の参考にしたい考え や。
農水省幹部は「生産者が数量目標をみて作るのではなく、自ら判断できる仕組みにする必要がある」と語り、減反の廃止を本格検討しておることを明かしたんや。
今の所得補償制度は民主党政権が2010年度に導入。
全国一律で配る10アール当たり1万5千円の「定額部分」の補助金と、実際に農産物の販売価格が基準価格を下回った場合に翌年度に差額を支給する「変動部分」で成り立つ。
財源は税金 や。
農水省は来年度から定額部分の補助金を半分以下に減らし、5年後をめどになくす方向。
支給先は市町村に認められた「プロ農家」に限定する案があるほか、自民党内では「減反の廃止まで全農家に配り続けるべきだ」との意見もでておるんやて。
農水省は「変動部分」を来年度になくす案も示したんや。
補助金を見直して浮いたお金は中山間地の農地維持や飼料用米の助成にあてて、中堅・中小農家を支援するんやて。
減反廃止を視野に、農家向けの収入保険も導入するんやて。
コメや野菜やらなんやら全ての作物を対象にする方向 や。
党内からは「見直しは慎重にやれへんとえれえことになる」「生産調整の拙速な見直しはやめるべきだ」やらなんやらと反発の声がでたんや。
【気になるキーワード情報】
人気の和牛通販
 牛肉通販【絶品和牛通販】各店のお勧め人気ランキング。
通販で牛肉のご購入をお考えの方、松阪牛、米沢牛、神戸牛、こだわり黒毛和牛専門店、明治28開業の老舗和牛専門店のお勧め人気商品を一気にご紹介。
絶品和牛を比較したい方には便利やで是非、参考にして下せえ!

ブログネタ
.気になったニュース43 に参加中!
結衣だよ~!
ノーベル賞週間が始まったんやんや。
初日の医学・生理学賞、2日目の物理学賞とも日本は空振りやったんや。
どうすれば受賞者を増やせるやろか。
回答で多かったのは「とっぴな発想を許容する社会風土」(33.6%)、「研究予算の増額」(28.2%)の順やったんや。
カネだけで何とかなるわけやねえが、カネも大事というところやろか。
これまで理系分野でみると、比較的自由な雰囲気のある京大が、予算が潤沢な東大より好成績をおさめてきましたんや。
やったら京大にもっと資金をつぎ込めば加速度的に効果が出るのか、それとも京大を官僚化してしまうのか。
nobel

京大は昨年の山中伸弥教授の受賞のおかげで、かなり資金が増えたようや。
これからの京大がどうなるかは注目や。
「とっぴな発想」を選んだ読者のコメントはほとんど同じやったんや。
○米国ではとっぴな意見も真剣に議論する(38歳、男性)
○日本はすぐ法律の壁にぶつかる(48歳、男性)
「予算増額」を選んだ読者からは研究予算の重点配分だけでなく、「教育の底上げが必要」(45歳、男性)との指摘があったんや。
「げえこく留学の後押し」という選択肢を設けましたが、「予算増額」を選んだ読者で「若手を積極的にげえこく留学させる」(47歳、女性)とコメントしておる例もあったんや。天才に資金をつぎ込むことは「社会風土」を変えることと同義かもしれません。
「その他」への回答も大半は教育制度の見直しやったんや。
○高校から普通科を廃止し、各専門科の優秀な学生が大学で研究するようにする(37歳、男性)
次に21世紀前半に受賞者30人という目標に関してや。読者の半数以上が達成可能とみておったんや。
昨年までの12年間で10人(米国籍の南部陽一郎氏を含む)というペースが続けば、50年間で40人を超える計算やが、バブル景気の崩壊後に研究者になりよった資金不足世代からどれだけの成果が出るのかはまだわかれへん。
「できる」という読者のコメントもやや希望的観測という感じやったんや。
○できると信じたい(51歳、男性)
○期待しておる(64歳、男性)
「できーへん」という読者は「失われた20年」もさりながら、「少子高齢化が進むので不可能に近い」(67歳、男性)という見方やったんや。
最後に女性の受賞者はいつ出るのか。
下馬評通りにいかないのがノーベル賞やが、現時点では下馬評にすら名前が出てこないので、相当先になるのはまちげえあれへん。
「20年内にできる」を選んだ読者のコメントにも「科学のフロントランナーに女性が少なすぎることを考えると、それほど早いとは考えにくい」という冷静な分析があったんや。
女性の社会進出が進んだとはいえ、理系分野はとりわけ遅れておる分野やで、日本人女性がノーベル賞を受賞できるとしたら、平和賞(例えば緒方貞子氏)や文学賞(例えば吉本ばなな氏)の方が早いとみる向きもあるようや。
【気になるキーワード情報】
薄型の薄い財布
http://www.xn--n8j309k30yc7f.com/
スーツの内ポケットやジーパンのポケットに入れても違和感があれへん薄型の薄い財布!!
使用感も普通の二つ折り財布と同様に、ほんでスマートに扱えますでなも。

このページのトップヘ